海外駐在保険への加入


赴任生活中に、病気やケガで診察を受けることもあるだろう。海外での医療費は私たちが想像している以上に高額なことがあり、その請求額に驚くことも少なくない。
海外では救急車を利用するのも有料である国も少なくない。日本では想像もつかない事故や盗難などの犯罪に巻き込まれる可能性もある為、必須ではないが、海外派遣者向けの保険への加入を薦めたい。


海外駐在保険(海外旅行保険)とは

海外駐在保険は、海外駐在員保険、海外赴任者保険など様々な名称で呼ばれているが、いずれも海外旅行保険をベースに長期間海外で生活する方向けにアレンジした保険である。年単位で掛けることが多い。
病気やケガの際の治療費や入院費に加え、持ち物の破損や盗難、第三者への賠償等、広範囲で補償される。
保険に加入することは、万が一の際の経済的負担を解決すると同時に、渡航前の不安も解消してくれるはずである。安心して働けるよう、海外駐在保険に加入してから出発したい。帯同者がいる場合には家族の為にも、不安材料はなくてしておく。

自分にあったプランで契約を

各保険会社で、いくつかお勧めのプランを用意していることが多い。多くの海外赴任者とのやり取りから生まれているプランなので、その中から選べばまずは大きな問題はないだろう。
ただ、保険に加入することが目的ではなく、万が一の時にしっかりと使いこなせることが大事になる為、サービスや補償内容、自分の赴任地や家族構成も含め、保険代理店の担当者とよく相談するとよいだろう。
予算を重視するか、とにかく安心を優先し補償内容を充実させるかなど、自分に合ったプランをしっかりと選びたい。

保険付保証明書の発行

大使館や領事館等で長期滞在用ビザの申請や在留登録をする場合、保険加入を証明する書類の提出を求められることがある。各社日本語以外の言語(英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語)での証明書発行にも対応しているので、忘れずに相談すること。
一部の会社ではポルトガル語や中国語等での証明書も対応しているので、必要に応じ加入時に確認しておこう。

歯科治療は海外赴任前に

歯科治療に関してはカバーしている保険もあるが、痛み止め等の応急処置程度の処置が対象で、かつ限度額もある。
また、自然摩耗や詰め物が取れた場合のクラウン(歯のかぶせ物)には適用されない。その為、歯の治療は海外赴任前にしっかりと済ませておくようにしたい。

日本語での24 時間対応が可能かどうか、日本語の通じる海外の病院と提携しているかどうか、キャッシュレスでの治療を受けられるかどうかなど、日本ではあまり重視しないポイントも海外駐在保険の場合重要になってくる。
それらの付帯サービスにもしっかり目を通し、自分にあった保険を選ぶようにしよう。

現在の状況から探す

  • 海外赴任前の方へ
  • 海外駐在中の方へ
  • 日本へ帰国される方へ