ビザの取得



海外赴任にはビザが必要

日本国籍で海外へ渡航する際には、渡航先国・渡航目的・滞在期間等によってビザ(査証)が必要となる。

ビザは赴任先の大使館・領事館が本国の規定に基づいて発給するもので、海外赴任の場合、本人の勤務先または旅行代理店が手配してくれることが多い。ただ、年々ビザの申請・取得を本人に任せる場合も増えてきている。

国によっては事前通告なしに手続きが変更される場合もあるので、日本国内にある渡航先国の大使館・領事館に確認の上、帯同者用と併せ、早めに取得することをお勧めする。

外務省:駐日外国公館リスト

ビザの申請・取得

ビザの申請には、申請書、パスポート、写真、勤務先の推薦状、戸籍抄(謄)本、予防接種証明書などを求められるのが一般的である。渡航先によっては無犯罪証明書、健康診断書等が必要な場合もあるので、各国在日大使館・領事館への確認は絶対に怠らないようにすること。

近年不法滞在や不法労働の影響もあり、ビザの取得条件、取得までのプロセスが厳しくなってきている。ビザに関するトラブルに遭わない為に、専門会社に依頼するのも良いだろう。

ビザに関する用語

ビザ(査証)とは?
渡航先の入国許可証のこと。旅行など一定期間内であればビザが不要な国もあるが、海外赴任時は必須。細かいことではあるが、ビザ自体は入国許可証ではなく、“入国審査をする為の必要書類”である為、入国時に改めて審査官による入国審査が行われる。
ビザの有効期限と、滞在期限の違い
ビザの有効期限は「ビザに記された目的でいつまで入国できるか」を示すもので、滞在期限は「いつまでその国に滞在できるか」を示すものである。
その為、ビザの有効期限が過ぎていても、滞在許可が有効であれば合法的に滞在することができる。
ビザの種類
渡航先や渡航目的、滞在期間等によりビザの種類は異なってくる。
「観光ビザ」や「就労ビザ」など一般的なものはもちろん、報道関係者用やスポーツ選手、アーティスト用のビザなども存在する。

現在の状況から探す

  • 海外赴任前の方へ
  • 海外駐在中の方へ
  • 日本へ帰国される方へ