海外渡航時の予防接種



海外渡航を予定している方から寄せられる医療相談として最も多いのが、「どんな予防接種を受けたらいいですか?」という質問です。海外で健康な生活を送るためには、出国前に予防接種を受けておくことが推奨されていますが、何を受けたらいいのかで悩まれる方が多いようです。

また、お子さんを海外に帯同する場合には、定期接種をどのように継続するかという問題もあります。そこで、本項では海外渡航する際の予防接種について解説いたします。なお、お子さんの予防接種については、別項の「子どもを帯同する時の健康対策」もご参照ください。


予防接種の基本Q&A

1. なぜ海外渡航者に予防接種を奨めるのですか?
予防接種の目的は感染症を防ぐことにあります。海外では感染症にかかるリスクが高くなるため、出国前の予防接種をお奨めしています。とくに途上国では衛生環境の問題などで、感染症にかかるリスクが高く、お奨めする予防接種の数も多くなります。

海外で頻度の高い感染症は、飲食物から感染する下痢症やA型肝炎です。また、インフルエンザなどの呼吸器感染症もしばしばみられます。さらに途上国では、蚊に媒介されるマラリアやデング熱、性行為や医療行為で感染するB型肝炎や梅毒、動物からかかる狂犬病なども注意すべき感染症です。

こうした感染症の一部には有効な予防接種があり、それを出国前に接種しておけば安心というわけです。
2. 予防接種にはどのような効果があるのですか?
予防接種の際にはワクチンという薬品の接種を行います。ワクチンとは、感染症の原因になる病原体を弱くしたり(生ワクチン)、殺したり(不活化ワクチン)したもので、これを接種すると感染症への抵抗力が獲得できます。生ワクチンは1回接種するだけで充分な効果がありますが、不活化ワクチンは一般に2回以上の接種が行われます。
また、ワクチンの効果は次第に弱くなるので、数年毎に接種を繰り返す必要があります。
3. 予防接種に副作用はありますか?
ワクチンの副作用を心配する方もいるようです。接種後の腫れや痛みといった軽い副作用は時々おこりますが、ショック症状やケイレンなどの重篤な副作用は大変に稀です。
ただし、アレルギー体質があったり、以前に予防接種で副作用をおこした方については、事前に医師とご相談ください。

海外渡航者への推奨ワクチン

海外渡航にあたりどのワクチンを接種するかは、滞在期間、滞在地域、現地での行動パターンなどの情報をもとに決めます(表1表2)。ここでは海外に長期滞在する成人(16歳以上)を中心に、推奨ワクチンを紹介します。
お子さんついては別項の「子どもを帯同する時の健康対策」をご参照ください。

1. 海外渡航者全員に推奨

破傷風トキソイド
破傷風は土の中に病原体が潜んでおり、大きな怪我をすると傷口から感染します。
発病すると強い痙攣をおこし、死亡することも多い病気です。日本で生活していれば、怪我をしてから医療施設を受診し、破傷風トキソイドの接種を受けることができます。しかし、海外で生活していると医療施設を手軽に利用できないため、国内よりも発病のリスクが高くなります。そこで出国前の接種をお奨めしています。
インフルエンザワクチン
温帯地域では毎年冬にインフルエンザの流行が発生しますが、熱帯地域でもほぼ同時期に流行がみられます。このため日本国内と同様に、海外に滞在する際にも、流行前のワクチン接種を推奨しています。
日本でインフルエンザワクチンが流通するのは秋から冬の季節ですが、この時期に出国する方は国内で接種を受けるようにしましょう。

2. 途上国に滞在する方に推奨

A型肝炎ワクチン
A型肝炎は飲食物からかかる病気で、日本人が好む海産魚介類から感染するケースが多くみられます。日本では近年になり患者数が減少しましたが、途上国では今でも流行がつづいています。死亡することは稀ですが、1ヶ月近い入院生活を強いられます。このため、途上国に渡航する場合は、滞在期間にかかわらずワクチン接種をお奨めしています。
B型肝炎ワクチン
B型肝炎は性行為や医療行為などから感染します。途上国で広く流行しており、とくに中国や東南アジアは高度流行地域です。発病すると長期の入院を強いられるだけでなく、一部は劇症型となり、命を失うこともあります。高度流行地域に滞在する場合は、ワクチン接種を受けておくようにしましょう。
狂犬病ワクチン
日本では狂犬病が根絶されましたが、インドやフィリピンなどの途上国では、多くの患者が発生しています。この病気はイヌやネコなどの動物に噛まれて感染しますが、発病すると100%死亡する恐ろしい病気です。
ただし、感染しても医療施設でワクチン接種などの適切な処置を受けておけば、発病することはありません。このため、高度流行地域に滞在する場合や、信頼できる医療施設がない場所に滞在する場合に、事前のワクチン接種をお奨めしています。
日本脳炎ワクチン
日本脳炎は中国、東南アジア、南アジアで流行しています。蚊に媒介される病気で、発病すると意識障害や麻痺をおこし、死亡することも少なくありません。ただし、都市部では稀な病気で、郊外の農村地帯などで流行しています。こうした場所に立ち入る機会が多い方は、ワクチンの接種を受けてください。
黄熱ワクチン
黄熱は蚊に媒介される病気で、熱帯アフリカや南米が流行地域です。通常はジャングルの中で流行しているため、日本人が感染することは稀です。しかし、発病すると死亡率が高いことから、流行国に滞在する際には、たとえ短期間であってもワクチンの接種をお奨めしています。流行国やその周辺諸国の中には、入国する際にワクチン接種証明書(イエローカード)の提示を求める国もあります。
ポリオワクチン
南アジアやアフリカでは今もポリオ患者の発生がみられています。この病気は飲食物から感染し、麻痺をおこします。日本ではポリオワクチンを小児期に接種しますが、流行地域に滞在する際には追加接種を受けておくと安心です。とくに1975~77年生まれの方は、小児期に接種したワクチンの効果が弱いとされており、追加接種をお奨めしています。
腸チフスワクチン
腸チフスは飲食物から感染する病気で高熱をおこします。途上国全域で流行していますが、とくにインドなど南アジアで感染するリスクが高くなります。
このため南アジアに滞在する方には、腸チフスワクチンの接種をとくにお奨めしています。
このワクチンは日本で未承認のため、輸入ワクチンを扱う医療機関で接種を受けてください。
髄膜炎菌ワクチン
熱帯アフリカや中東では、乾期に髄膜炎菌による髄膜炎が流行します。
この病気は飛沫感染するため、流行地域に滞在する方には髄膜炎菌ワクチンの接種をお奨めしています。また、米国に留学する際も、学校側から髄膜炎菌ワクチンの接種を要求されることがあります。

海外渡航者(成人)に推奨する予防接種

ワクチン 滞在期間 * 対象となる滞在地域 とくに推奨するケース
短期 長期
破傷風トキソイド 先進国、途上国全域 外傷を受けやすい者
インフルエンザワクチン 先進国、途上国全域 呼吸器疾患などを有する者
A型肝炎ワクチン 途上国全域 65才未満の者
(65歳以上は免疫のある者が多いため)
B型肝炎ワクチン   アジア、アフリカなど 医療従事者
狂犬病ワクチン 途上国全域 咬傷後すみやかな処置が困難な地域に滞在する者
日本脳炎ワクチン   中国、東南アジア
南アジア
農村地帯に滞在する者
黄熱ワクチン 熱帯アフリカ、南米 接種証明書の提出を要求する国に入国する者
ポリオワクチン   南アジア、アフリカ 1975~1977年生まれの者
(この世代は小児期のワクチン効果が弱いため)
髄膜炎菌ワクチン   熱帯アフリカ、中東 乾期に滞在する者
腸チフスワクチン 途上国全域 南アジア(インドなど)に滞在する者

* 短期とは1ヶ月未満の滞在を示す。
○:推奨する、△:必要に応じて推奨する.。

地域別に推奨する予防接種

  破傷風 インフル
エンザ
A型
肝炎
B型
肝炎
狂犬病 日本
脳炎
黄熱 ポリオ
東アジア
(中国、韓国など)
   
東南アジア
(タイ、ベトナムなど)
   
南アジア
(インドなど)
 
中近東
(サウジアラビアなど)
     
アフリカ
(ケニアなど)
  赤道
周辺
東ヨーロッパ
(ロシアなど)
     
西ヨーロッパ
(イギリス、フランスなど)
           
北アメリカ
(合衆国、カナダなど)
           
中央アメリカ
(メキシコなど)
     
南アメリカ
(ブラジルなど)
  ○赤道
周辺
 
南太平洋
(グアム、サモアなど)
△島に
よる
     
オセアニア
(オーストラリアなど)
           

該当する地域に長期(1ヵ月以上) 滞在する成人(16歳以上) の推奨ワクチンを示します。
○:推奨する、△:必要に応じて推奨する.。

各ワクチンの接種回数

  種類 接種
回数
一般的な接種間隔 有効期間
破傷風 *1 不活化ワクチン 3回 0日、4週後、半年~1年後 10年間
インフルエンザ 不活化ワクチン 1~2回 0日、1~4週後1年間 1年間
A型肝炎 不活化ワクチン 3回 0日、2~4週後、半年~1年後 10年間
B型肝炎 不活化ワクチン 3回 0日、4週後、半年~1年後 10年間
狂犬病 *2 不活化ワクチン 3回 0日、4週後、半年1年後 2年以上
日本脳炎 *3 不活化ワクチン 3回 0日、4週後、1年後 4年間
黄熱 生ワクチン 1回 0日 10年間
ポリオ *4 不活化ワクチン 4回 0日、4週後、8週後、1年後 10年間

*1. 破傷風:1969年以降に生まれた方は小児期に三種混合ワクチンとして接種を受けていることが多く、
その場合は1回の接種のみを行います。
*2. 狂犬病:海外では0日、1週後、3~4週後の接種間隔をとります。
*3. 日本脳炎:成人の場合、通常は1~2回の接種のみを行います。
*4. ポリオ:成人の場合、通常は1~2回の接種のみを行います。

ワクチンの接種スケジュール

生ワクチン(黄熱など)の多くは1回の接種で完了しますが、ほとんどの不活化ワクチンは複数回の接種を行います。破傷風、A型肝炎、B型肝炎、狂犬病、日本脳炎はいずれも3回の接種が必要です (表3)。1回目と2回目の間隔が約1ヶ月、2回目と3回目が半年から1年になります。通常は2回目まで接種した時点で出国し、3回目は現地か一時帰国して接種するようにスケジュールを組みます。

このように、予防接種を完了するには一定の期間が必要になるため、出発の1ヶ月前には開始しておくことをお奨めします。もし時間がない場合は無理をせずに、現地で受けることも検討してください。

なお、ワクチンの接種は一日に一本ずつ行うのが原則ですが、医師の判断で同時接種を行うことも可能です。また、生ワクチンを接種すると1ヶ月間は次のワクチンの接種ができなくなるので、ご注意ください。

日本で販売されていないワクチン

海外渡航者向けのワクチンの中には、日本で販売されていないものもいくつかあります。たとえば腸チフスワクチンや髄膜炎菌ワクチンが、これに該当します。腸チフスは途上国で広く流行しており、飲食物から感染するため、渡航者にもリスクの高い病気です。髄膜炎菌はアフリカで毎年乾期に大流行がおこります。

いずれの病気にも有効なワクチンがありますが、残念ながら日本では販売されていません。ただし最近は、こうしたワクチンを海外から輸入し、接種する医療施設が増えています。
厚生労働省検疫所日本渡航医学会のホームページには、その接種施設がリストアップされていますのでご参照ください。

マラリアの予防

マラリアは熱帯や亜熱帯地域に広く流行している熱病で、有効な予防接種は今のところありません。このため、 媒介する蚊に刺されない対策をとります。マラリアを媒介する蚊は夜間吸血性なので、夜間の外出を控え、室内に侵入する蚊を殺虫剤などで駆除します。どうしても夜間外出する際には、皮膚が露出しない服装を着用したり、防虫スプレーを塗ってください。

また薬剤(マラロン®やメファキン®など)を定期的に服用して予防する方法もありますが、 この方法は副作用の発生も少なくないため、感染症専門の医師に相談してから実施するようにしましょう。

東京医科大学病院 渡航者医療センター
教授 濱田篤郎


あわせてこのページも見てみませんか?

海外で使える携帯電話をお探しの方。
アジア・欧州方面へ赴任・長期出張される方に最適なスタイリッシュなデザインと充実機能のグローバル対応スマートフォンをご紹介します!!

赴任先でも日本のテレビを観たい方。
購入するだけで8局(NHK2局+民放6局)全番組を24時間×最大4か月分録画、その番組はインターネット経由で赴任先からもバッチリ利用できます!
今なら特別割引価格「海外赴任安心パック」があります!!

赴任先でも日本の物をお買い物したい!
赴任前・駐在中・帰国前、どんな時でも手軽に日本の商品が購入できる「楽天市場」。海外生活を安心に快適に過ごせます。

荷造りで出た不用品にお困りの方。
赴任地に持っていくにはちょっと・・・という物が多く出ます。そんな方へ少しでも効果で買取をしてくれるサービスを紹介しています!!

現在の状況から探す

  • 海外赴任前の方へ
  • 海外駐在中の方へ
  • 日本へ帰国される方へ