海外ローミング



海外に滞在するにあたっては、インターネットを有効活用することで、現地での生活がより楽しく、豊かになるかと思われる。インターネットに繋がれば、日本のニュースを読むことが出来るし、Eメールは安価に日本の友人や家族とのコミュニケーションを可能とする。また、ブログによる情報発信や、検索などで滞在地情報を簡単に入手することも出来る。
  では、どのようにしてインターネットへの接続手段を確保すればよいのだろうか?ここで、いくつかの接続方法を紹介する。

日本のプロバイダーの海外ローミングサービスを利用する

 「海外ローミングサービス」とは、滞在先から日本のプロバイダーが提携をしている現地アクセスポイントに接続をし、日本国内と同様にインターネットを利用出来るサービスである。
 電話回線があれば、到着後すぐにでも利用可能だが、ダイヤルアップでの接続がメインのため、スピードは最大56kbpsで、日本でブロードバンドを利用していた方にとっては、物足りないかもしれない。また、料金体系が従量制(1分使うといくらといった料金体系)を採用しているプロバイダーが多く、ヘビーユーザーにはあまりお勧めとはいえない。しかし、@niftyのように定額制(1カ月どれだけ利用しても3,150円/税込)といったサービスもあるの で、詳細は各プロバイダーに問い合わせるとよい。

現地プロバイダーと ブロードバンドの契約をする

 海外でも、日本と同様にブロードバンド接続が普及しつつある。ADSLやCATVを使ったものが主流で、接続スピードはサービスによって異なるが、最低でも概ねダイヤルアップ接続の10倍以上となる。
    現地プロバイダーとの契約になるので、現地の言語を利用し、自身でパソコンや回線のセットアップの必要があるが、ストリーミングやインターネット電話等が快適に利用出来る環境となる。
  また、日本で使っていたメールアドレスをそのまま利用したいとの意見を多く聞くが、このような場合にはメールソフト(Outlook Express等)の設定を変更することで、利用が継続できる(海外のプロバイダーでは、セキュリティ上の理由から、自社のメールアカウントでないとメールの送受信が出来ない場合もある)。また、メールアドレスの利用だけであれば、日本のプロバイダーの契約を一番安価なプランに変更することがお勧めである。

代表的な、海外ローミングサービスを扱うプロバイダー

プロバイダー名 特長
AOL ・AOLは3500万人が愛用している世界最大プロバイダです。
・世界122カ国2,000ヵ所以上のアクセスポイントがあり海外留学出張に便利。
アット・ニフティ インターネット電話・翻訳サービス・簡単接続ツールあり
BIGLOBE 簡単接続ツールあり
OCN 4カ国に独自アクセスポイントあり
Yahoo!BB 世界159カ国、約280,000カ所のアクセスポイント
(注)上記は独自の調査を行ったもので、参考までの掲示です。料金は変更している可能性がありますので、ホームページで確認して下さい。

無料メールアドレス

[参考になるHP]